横でも下でもなく斜め下(外側方向)へ流れること

ナイトブラを使うきっかけになったのは、普段使っていたワイヤーブラのワイヤーが痛いと感じるようになってきたからです。

ちょっと横向きで寝ころんだときなど、引っかかる以上の痛さが感じられてその都度ストレスを抱えていたように思います。

バストが特にどうとかは気にしたことがなく、ワイヤーブラを一生使っていくものだくらいのテンションだった私ですが。

バスト下部のワイヤーの跡も気になっていました。

黒ずんでいるような疲れているような胸とおなかの間の跡がすごく気になっていました。

ワイヤーブラ特有のしっかりとしたホールド感が気に入っていたので、副作用のような跡は仕方がないと思っていたのも事実です。

また、寝転んだ時の痛みもまた同じように考えていました。

悩みからナイトブラを使ってみたエピソード

ナイトブラを使うに至ったエピソードは、バナー広告やテレビショッピングなどの宣伝からです。

身近にナイトブラを使っている人の話を聞いたことがなかったので特にほしいな、自分に合っているかもしれないな、などとは思いませんでした。

ただ年齢を重ねるにつれてワイヤーブラのままではいたかったりストレスがかかったりしていてそろそろ卒業かも、と思い始めたのがナイトブラを使うに至った経緯かもしれません。

ナイトブラを使って「こんな風に悩みが解消された・生活が変わった」

とにかく、入浴前の胸がかゆくない!ことです。

今までワイヤーに悩まされていたことをナイトブラを使ってからつくづく実感しました。

斜め下方向に流れていく胸は解消されたかどうかはわかりませんし、年齢相応だと思うことも多いので特によくなったかどうかもわかりません。

ただナイトブラがとても付け心地が楽なことがあって普段起床しているときはほとんどワイヤーなしブラかナイトブラのままでも支障なく生活できています。

胸のトラブルというよりはワイヤーのトラブルから解放された実感があって、もう特別な日や何か素敵な洋服を着るとき以外はナイトブラしかつけることができないなと思っています。

それと、ナイトブラの肩紐の丈夫さやおなかと胸の中間などもしっかり押さえられているようで背中がしゃきっとしている場面が多くなったと実感しています。

ナイトブラのメリット・デメリット

実際に使ってみて分かった、感じたナイトブラのメリットやデメリットは

ナイトブラのデメリット

・布地の寿命が短いため、早めの買い替えが必要なこと

ナイトブラのメリット

・ノンワイヤーのストレスフリー
・姿勢保持が意外にできる
・とにかく楽

同じバストの悩みがある貴女へ

ナイトブラを想像すると帰宅してから翌朝起床時まで使用するとか、寝ているときの胸の形キープを想定する人が多いかもしれません。

もっとも効率のいい使い方だと思います。

しかし実際着用して休日などを過ごしてみるととても楽で痛みもなく快適に過ごせることが実感できました。

わたしはこの数年ナイトブラのホールド感にすっかり慣れて普段の生活や就寝時もずーっとナイトブラ着用で過ごしていますが何の違和感もなく生活できています。

重力に従って落ちていく胸の軌道を変えることはある程度可能かもしれませんが、とにかく快適さを求めるのであれば断然ナイトブラだと思います。

おすすめの記事